利用規約

  • 第一条 本規約の範囲及び変更
    本規約は、「キエナイザー」の利用に関し、「キエナイザー」運営者(以下甲)と「キエナイザー」の利用者(以下乙)の間に適用されるものとする。
    本規約は必要に応じて随時変更できるものとする。
  • 第二条 禁止行為
    乙は下記に該当することをしてはならない。
    1.法律や公序良俗に反する行為
    2.運営を妨害するような行為
    3.大量に連続して分割したファイルを投稿する行為
  • 第三条 利用料金・手数料
    別段の定めがない限り、甲は乙に料金を請求することはない。有料のサービスがある場合は明確に表記する。
    ただし、乙が第二条に定める禁止行為を行い、甲に対して何らかの迷惑をかけた場合には、別途手数料を支払う必要がある
  • 第四条 ファイルの閲覧
    甲は、削除の必要性が認められるものかどうかの、確認にファイル内容を閲覧することができる。
    前項の目的の他での閲覧は行わない。
  • 第五条 ファイルの削除
    前条に基づいた確認の結果、第二条に該当すると判断できる場合は削除する場合がある。当該ファイルの権利者の請求によっても処置は行われる。
  • 第六条 発信者情報の開示請求
    法令に基づいた発信者情報の開示請求があった場合、甲は乙の同意によらず、乙の情報を開示することができる。
  • 第七条 違反利用報告義務(努力規定)
    乙は、第二条に定めたファイルに該当するものを発見した場合は、可能な限り甲に連絡する必要がある。
  • 第八条 免責
    乙がアップロードしたファイルに関する一切の責任は乙がとるものとし、第三者との間で紛争を生じた場合は当事者間で解決することとする。
  • 第九条 アクセス禁止処置
    乙が第二条に定める禁止行為を行った場合、一定期間のアクセス禁止処置を行うことができる。
  • 第十条 サービスの中断
    甲のウェブサイト上にあらかじめ掲示することによって、本サービスを一定期間停止することができる。
  • 第十一条 サービスの一時的な中断
    以下の項目に該当する場合、事前に連絡することなく、サービスを中断することがある。
    1.システムの保守を緊急に行う場合
    2.暴風、豪雨、洪水、地震、落盤、火災、争乱、暴動、戦争等の不可抗力によりサービスの提供ができなくなった場合
    3.上流の通信会社での設備故障や設備不良
    4.甲の判断によって、サービスを緊急的に一時中断を必要な場合
  • 第十二条 守秘義務
    甲は管理する上知り得た情報を外部に漏洩させることはない。
    ただし、手続きをもって情報の開示請求などが行われた場合は除かれる。
    また、警察や司法機関等への情報提出は、甲の判断によって開示されることがある。
  • 第十三条 規約の効力
    本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用される。
  • 第十四条 専属合意管轄
    甲と乙との間に訴訟の必要が生じた場合は、甲の本支店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとする。

Return to page top